Our Approach

①Profiling Management

 (プロファイリングマネジメント)

プロファイリングマネジメントとは、「共有の構想 (Shared Concept) 」を「プログラム憲章 (Why to do) 」として炙り出していくフレームワークです。

プロファイリングマネジメントのフレームワークは、To-Be Model という望ましい状態と、As-Is Model という現在の状態があり、As-Is からTo-Be に到達するにはいろいろな道筋 (シナリオ) があるという考え方です。この考え方によれば、問題解決とは To-Be と As-Is をはっきりさせ、As-Is と To-Be の差を解消するための最善の手段を選択する (Gap Analysis) ことであるということです。

Profiling management is a framework for developing "Shared Concept" as "Program Charter (Why to do)".

The profiling management framework is based on the idea that there is a desirable state called the To-Be Model and a current state called the As-Is Model, and that there are various ways (scenarios) to reach from As-Is to To-Be. 

 According to this idea, problem solving is to clarify To-Be and As-Is and to select the best method to eliminate the difference between As-Is and To-Be (Gap Analysis). 

 

プロファイリングマネジメントのロードマップ

Profiling Management Roadmap

 

その体系は下記のようになります。

 The structure is as follows.

 

1. 環境分析

Environmental Analysis

 

1.1 外部環境分析

External Environment Analysis

 

1.1.1 PEST分析

PEST Analysis

 

P: Politics(政治的要因):

規制など、市場のルールを変化させるもの

・法律、法改正(規制・緩和)

・税制、減税・増税

・政治、政権交代

・裁判制度

・政治団体、デモ

Anything that changes the rules of the market, such as regulations

・ law, law revision (regulation / relaxation)

・ tax system, tax reduction / tax increase

・ politics, change of government

・ court system

・ political organizations, demonstrations

 

E: Economy(経済的要因):

景気や経済成長など、価値連鎖に影響を与えるもの

・景気動向

・経済成長率

・物価

・為替・株価・金利・原油

・消費動向

What affects the value chain, such as the economy and economic growth

・economic trends

・economic growth rate

・prices

・ exchange rate, stock price, interest rate, crude oil

・ consumption trends

 

S: Society(社会的要因):

人口動態の変化など、需要構造に影響を与えるもの

・人口動態・・密度・構成

・流行・世論

・世帯

・宗教・教育・言語

・老齢人口・少子化

What affects the demand structure, such as demographic changes

・demographics, density, composition

・ fashion, public opinion

・ household

・ religion, education, language

・ old population, declining birthrate

 

T: Technology(技術的要因):

ITなど、競争ステージに影響を与えるもの

・インフラ

・IT活用

・イノベーション

・特許

・新技術、技術開発

IT or other items that affect the competition stage

・ infrastructure

・ IT utilization

・ innovation

・ patent

・ new technology, technology development

 

1.1.2 5フォース分析

 Force Analysis

・業界内の競合企業 

・新規参入の脅威 

・代替品の脅威 

・売り手の交渉力 

・買い手の交渉力

・ competitive companies in the industry

・ threat of new entry

・ alternative threats

・ seller's bargaining power

・ buyer bargaining power

 

1.2 内部環境分析

Internal Environmental Analysis

 

1.2.1 3C分析

3C Analysis

・Customer(顧客)

・Competitor(競合)

・Company(自社)

 

1.2.2 SWOT分析

SWOT Analysis

・Strength(強味)

・Weakness(弱味)

・Opportunity(機会)

・Threat(危機)

 

1.2.3 SWOTクロス分析

SWOT Cross Analysis

・SO戦略(maxi-maxi)

・ST戦略(maxi-mini)

・WO戦略(mini-maxi)

・WT戦略(mini-mini)

 

2. As-Isモデル/To-Beモデル

As-Is model / To-Be model

 

2.1 5W1H分析

5W1H Analysis

(Why/What/When/Where/Who/How)

 

2.2 Gap Analysis

 

2.3 シナリオ分析

Scenario Analysis

 

3. STPモデル

STP model

3.1 Segmentation

3.2 Targeting

3.3 Positioning

 

4. Program Charter(憲章)

4.1 Vision(目的)

4.2 Mission(目標)

4.3 Scope(方針)

 

日本的共創のプロジェクトマネジメント

Samurai PM, Japanese Ways for

Co-creation by Syncreate.