Our Approach

⑥platform management

    (プラットフォームマネジメント)

 

プラットフォームマネジメント(platform management)は、「共創の場(Syncreative Organization)」を実現するために、「組織成熟度モデル(Organization Maturity Model)」を参考に、ステップバイステップで段階的に進化させていく総合的な改善活動です。

Platform management means company-wide comprehensive improvement activities in order to realize the "Syncreative Organization" by step by step with reference to the  "Organization Maturity Model".

 

その構造は下記のとおりです。

 

組織成熟度モデル

(Organization Maturity Model)

 

 

 1.プロファイリング:共有の構想(戦略)

Level-1:場当たり的

 ・組織にプロジェクト文化無し・戦略とプロジェクトの結びつき欠如・戦略有れど共有されず

 Level-2:計画的

 ・戦略立案はトップダウン・一部組織で共有される・プロジェクトの取捨選択に戦略的な議論

 Level-3:科学的

 ・戦略にプロジェクトの成果が反映・戦略→計画→実装→サービス→戦略のサイクル確立・成功要因(KPI、CSF)特定

 Level-4:統合的

 ・企業のビジョンが浸透・事業部・部門間の横断的な融合を通した戦略へのフィードバック

 Level-5:最適化

 ・個人のアイディアや提案が戦略立案プロセスに取り入れられる・組織は常に変化適応する

 

2. プログラム:共有の意思(計画)

 Level-1:場当たり的

 ・プログラム概念が希薄で実施責任体制無し・プロジェクトの取捨選択、優先順位付けは一部の主観的な意思による

 Level-2:計画的

 ・プログラム概念認識・プログラムマネジャ任命・プロジェクトの取捨選択優先順位付けのルール整備

 Level-3:科学的

 ・キャパシティプランニング(経営資源計画)・複数プロジェクト混在による混乱減少・プロジェクト成功評価の基準を整備

 Level-4:統合的

 ・プログラムマネジメントに必要なデータが一元化・プロジェクトポートフォリオ情報によりプロジェクトを評価判断・バランススコアカード導入

 Level-5:最適化

 ・目標の達成レベルによって将来の達成予測も可能・新規プロジェクトの影響をポートフォリオで時系列的に分析可能

 

3.プロジェクト:共有の行動(実装)

 Level-1:場当たり的

 ・プロジェクト実施は場当たり的・プロジェクト成否は個人の能力に依存

 Level-2:計画的

 ・プロジェクト成否は個人からチームの能力に依存・プロジェクトマネジメントツールを使ってスケジュールの可視化が始まる

 Level-3:科学的

 ・システマティックなプロジェクトマネジメントにより、プロジェクトが可視化される・プロジェクトマネジメントオッフィス(PMO)設置

 Level-4:統合的

 ・プロジェクトマネジメント教育の徹底・プロジェクトマネジメントスキルマップの整備・プロジェクトマネジャーのキャリアパス提示

 Level-5:最適化

 ・環境に応じて最適なプロジェクトマネジメントプロセスを創り出せる・プロジェクトマネジメントのデータは定期的に分析

 

 4.プロセス:共有のタスク(サービス)

 Level-1:場当たり的

 ・タスク未整備、責任不明・タスクの質を確認するプロセスなし・多くのリワークが発生

 Level-2:計画的

 ・過去の経験を元にタスクの洗出し見積もりがされる・タスクに関するデータは個人に蓄積されている

 Level-3:科学的

 ・タスクの標準化が行われる・標準的なWBSや標準作業手順書が組織的に整備・タスクの進捗状況、品質状況、生産性等が可視化

 Level-4:統合的

 ・定期的な分析でタスクの無駄や合理化が特定できる・標準タスクの内容の合理化と共有化が促進され、生産性や品質のレベル向上

 Level-5:最適化

 ・タスク改善が個人からも提案される・提案された改善は組織として標準化される

 

共創の場(Syncreative Organization)

 

1.共創的な組織

1.1.変化対応力

1.2.信頼関係

1.3.競争と協調

2.共創的な風土

2.1.自由闊達さ

2.2.自由な組織

2.3.チャレンジ精神

2.4.失敗を恐れない

2.5.全員参画

3.共創的な評価

3.1.プロセス評価

3.2.責任と権限

3.3.創意工夫

3.4.信賞必罰

4.共創的な仕事

4.1.明確な目標

4.2.明確な方針

4.3.挑戦的な仕事

4.4.ビジネス開発

4.5.やりがい

5.共創的なチーム

5.1.リーダーシップ

5.2.チームワーク

5.3.チームづくり

6.共創的な人材育成

6.1.個性尊重

6.2.適材適所

6.3.動機づけ

6.4.創造性教育

7.共創的な対外関係

7.1.外部情報

7.2.人的交流

8.共創的なコミュニケーション

9.共創的なマネジメント

10.共創的なプロセス

11.共創的なピープル

12.共創的なプラットフォーム

 

 

 (参考)

 ソニーのモノ創りカルチャー

 

ソニー創業者による

「自由闊達な社風作り」

 

(井深語録)

・人のやらないことをやる

日本初、世界初のものを創ってこそ、一歩先に進むことができるのだ

新しいものを考案しよう。人真似では勝利は得られない

トライ・アンド・エラーを、繰り返すことが経験、蓄積になる

 

・固定概念というものをつくらない

計画を先に作り固定してはいけない。

計画を作るとそれに縛られてしまい、創意工夫がなされない。

仮にうまくいっても、計画より良くはならない

未来は自分自身で創り出すほうに意味がある

 

・不合理を理解できない人は欲しくない

不合理を言い換えれば、遊び心あるいは夢である

 

・ソニーには組織なんて無い

組織に人を当てはめるのではなく、人に合う組織をつくる

 

・技術に感性を結びつけると、大きな飛躍ができる

創造力、直観力の発達をつかさどる右脳の力を伸ばすべきだ

 

・中小企業の社長になったつもりで考えろ。

自分が全責任を持って仕事をするから、創意工夫がある

  

(盛田語録)

・好奇心のない人間に用はない

ソニーは生意気な人の個性を殺さない会社だ

他人と同じ考え、同じ行動をしてはいけない

 

・ソニーはいつでも先駆者である

知恵とスピードの2点を最大限に生かす

 

・ソニーは楽天主義者の集団だ

それでこそ、競争に耐えうる神経が養われる

 

・Do it Now!

いいと思ったことは実行する勇気が必要

とにかく思い切ってやってみようじゃないか

間違ったらまた変えるのだ

 

・満点は100じゃない

言われたこと以上の事をやり120点でも150点でもとれ

 

・人生は一度しかない

学歴無用論(社員の履歴書を焼く)

社内公募制(適材適所は自分で決める)

転職の勧め(試用期間にソニーを見極めろ)

 

・レイオフしちゃいかん。

不景気の間を利用して社員教育をやる

 

・ソニースピリットの源泉は、「未知の領域を楽しめる遊び心」(盛田正明)

 

(OB/OGの思い出)

・組織は民主的でフラット

・呼称は全て「~さん」付け

・コンセプト&フィロソフィーが何より重要

・上司に隠して開発することもOK

・自分がやりたい行きたいと思った部署に移動できる

・出る杭になれ(適材適所とは俺に任せろ!)

・チャレンジ精神(リスクとはトライしないこと)

・Research makes difference

・徹底的な探求心(“徹底的にやれ”)

・素早さはソニーの文化(Do it now.)

・自由な発想をする土台、雰囲気

・個人の可能性を尊重してくれる

・指示・命令を受けない

・グローバルローカライゼイション

・学歴、入社年次、新卒・途中入社を問わない

・ランドセル贈呈式等、社員を大切にする福利厚生制度

・一丸となり、知恵を出し合って、問題解決に取り組んだこと

・ソニーロゴが、ソニーカルチャーの中心にあった

・決断力と勇気(自衛隊航空部隊での研修)

・自己啓発(自分で自分を磨く大切さ)

・幸せとは人の事を羨まないこと

・閾値を越える(極限まで絞って矢を放て)

・仕事は忙しい人に頼め

・フェア“Is it fair?” 価値観の根底

・・・

 

日本的共創のプロジェクトマネジメント

Samurai PM, Japanese Ways for

Collaboration by Syncreate.